ニキビ改善プロジェクト公式【原因・予防法・治す方法の調査サイト】

にきび・肌荒れの原因 タバコと喫煙|やめない対処法

      2015/07/21

たばこ・喫煙とにきび対策
お肌が荒れた時の対処法


目次
1.喫煙とニキビの関係。たばこが肌荒れ吹き出物に与える悪影響
2.タバコ・喫煙がどうしてニキビの原因になるのか
 2-1.体内のビタミンCが消える
 2-2.血流悪化
 2-3.一酸化炭素による酸欠
 2-4.活性酸素発生
 2-5.お肌表面への刺激
3.周囲に注意!受動喫煙(副流煙)でもニキビは増える
4.「禁煙するとニキビが増えた」という場合
5.タバコは辞められない!喫煙者のニキビ予防と対策
★この記事に関するニキビ対策の強い味方


タバコとニキビの関係。喫煙が肌荒れ吹き出物に与える悪影響

タバコは確かにニキビにも悪いですし、そもそおお肌の老化を進める悪い物質を多量に含んでいます。でも、タバコって急にやめるのは難しいですよね。

そういう場合は、いつもと同じようにタバコがお肌に影響をしっかりと理解した上で、出来る対応策を考えることで、タバコがニキビに与える悪影響に出来るだけ対処していきましょう。勿論、吸っている以上は吸わないことに比べると確実に悪影響を及ぼしているため、効果は限定的かもしれません。自分だけではなく副流煙による受動喫煙をしてしまっている方も、仕方なく吸い込んでしまっているので影響と対処法をしっかりと抑えておいてください。ニキビケアにタバコを放置するのは絶対NGです。

タバコ・喫煙が
どうしてニキビの原因になるのか

タバコがニキビ、ひいては体に与える影響を考えたことがありますか?タールを始めとした有害物質による肺がんや気管のがんなどもそうなのですが、それ以前にタバコの有害物質を取り込むことで体には変化が起こっています。

体内のビタミンCが消える

タバコは体内のビタミンCを破壊してしまう作用を持っています。一説によると、折角ニキビ対策のために摂取していたビタミンCもタバコを2本数だけで1日に必要なビタミンCをすべて消費してしまうと言われているほど、ニキビにとっては恐ろしい威力をもっています。タバコによって、ビタミンCが大量に消費されるので、愛煙家や受動喫煙を余儀なくされる方は通常よりも多くビタミンCを内外から摂取するように心がけて下さい。

血流悪化

タバコを吸う事よって血管が収縮し、毛細血管などへ血流が流れにくくなります。この血行悪化によりお肌のターンオーバーが乱れ、角質が異常をきたしたり、皮脂が詰まって酸化してしまうことに繋がります。結果的にニキビが出来る悪いサイクルに陥ります。

タバコの煙を吸い込む人は、角質をきちんと整え、皮膚にビタミンCや血流改善を望めるビタミンEを多めに補給し、皮脂の詰まりと酸化を予防しましょう。

一酸化炭素による酸欠

タバコに含まれる一酸化炭素が血中のヘモグロビンと結びつき、行き渡るはずだった酸素が体に上手く行き渡らなくなってしまいます。酸欠がつづくと体の代謝がうまく機能せず、体内の老廃物の蓄積がニキビへとつながってしまいます。

血流改善と美容効果のあるのビタミンEを摂取することで体に酸素を行き渡らせて代謝を促進しましょう。

活性酸素発生

タバコが血液内に体にとって毒である活性酸素を発生させることもわかっています。体の老化を招くだけでなく、体の細胞を傷つけるので免疫力が低下してしまいます。すると皮膚のアクネ菌の活動を抑制することができなくなり、ニキビの発生や炎症につながってしまいます。

活性酸素は抗酸化物質であるビタミンCやビタミンEの摂取により対抗することが出来ます。

お肌表面への刺激

最後に、タバコから出る煙が皮膚に触れたときに刺激を与えることでにきびになってしまうとも言われています。帰宅後お肌をクレンジングし、肌表面の有害物質を除去するようにして下さい。

周囲に注意!受動喫煙(副流煙)でもニキビは増える

愛煙家の方だけではなく、受動喫煙をしている人もこの影響をすべて受けることになります。喫煙者のニキビケアと同じようにしっかりと対策を行って下さい。

「禁煙するとニキビが増えた」という場合

「タバコはニキビに悪いからと禁煙を始めた途端、一気にニキビが増えた!」という声を聞くことがあります。これは、いわゆる「禁煙ニキビ」と呼ばれるもので、体の自浄作用が働いているから起こる現象です。今まで体の中に溜まっていたタバコの有害物質を出している状態です。この状態は「好転反応」とも呼ばれます。人によりますが、大体1ヶ月くらいで収まる事が多いようです。

タバコは辞められない!
喫煙者のニキビ予防と対策

タバコを吸うとニキビに悪いのかがどんなに分かったところで、辞められないこともあると思います。そういう場合は、喫煙者のニキビケア方法を実践してできるだけ肌への負担を除去していきましょう。

それではここでもう一度、喫煙・受動喫煙時にとるべきニキビ対策を振り返りましょう。

  • ビタミンCを多めに摂取する
  • ビタミンEを適量摂取する
  • 余分な角質・余分な皮脂をきちんと洗浄する
  • 喫煙後は肌表面についた物質を取り除く

この記事に関するニキビ対策の強い味方

タバコに関するニキビ対策でもやはりニキビケアのキーとなるのはやさしい洗顔ビタミンCとビタミンです。

ただし、これまでビタミンCには安定性の悪さという弱点がありました。お肌に直接行き渡らせたいものの、お肌に塗るだけではきちんと吸収しないまま壊れてしまいます。更に、ビタミンCはビタミンEと共に摂ることで相乗効果を発揮する美容ビタミンです。

そこで、ビタミンCのお肌への補給には、ビタミンCの不安定さを改良したビタミンC誘導体を用いましょう。ビタミンC誘導体は届けたい肌細胞の中でビタミンCに変化するという性質から、通常のビタミンCに比べて効率的にビタミンCをお肌に補給することが出来ます。その中でも使用者の評価が高いのが、進化型ビタミンVC-200を含んだ”VC-200ローション”です。従来のビタミンC誘導体に比べて約200倍の効果というから驚きですね。
更に、ビタミンEも同時に補給することができるので、管理人にとってはビタミンによるニキビ予防と対策のマストアイテムです。

VC200ローション

VC200ローション・公式情報をチラ見↓
大人ニキビ専用処方の【VCスターターセット】

管理人魔女のの商品レビューをチラ見↓
【VC-200ローション・レビュー】

***
タバコの百害あって一利なしはどのニキビ治療の観点から見てもなるほど納得のやっかいさです^^;
有害物質に対して体がどのような反応をしているのかを押さえ、
出来る限り悪影響を取り除きましょう。
***

 - 出来てしまったニキビの対策, 厳選項目