ニキビ改善プロジェクト公式【原因・予防法・治す方法の調査サイト】

にきびの原因 アクネ菌|間違ったケア方法【誤解注意】

      2015/07/21


目次
1.アクネ菌を殺菌し過ぎてニキビができる
2.アクネ菌の本来の特徴と働き
2-1.アクネ菌の特徴
2-2.アクネ菌のお肌に与える良い影響
2-3.アクネ菌のお肌に与える悪い影響
3.アクネ菌を整える方法
4.アクネ菌による炎症をなるべく早く抑える方法
★この記事に関するニキビ対策の強い味方


アクネ菌を殺菌し過ぎてニキビができる

アクネ菌とニキビ
ニキビケアにとって、アクネ菌と聞くと悪いイメージがあるかもしれません。あなたの中にある、メディアや噂を通じて広まったこのアクネ菌への誤ったイメージが、ニキビを更に増やしてしまっている要因になっているかもしれません。アクネ菌はニキビのポツポツの中に居るのではなく、どんなきれいなお肌の人にも居る「常在菌」といわれる細菌の一種です。この常在菌はお肌を守る働きがあります。つまり、アクネ菌も人間のお肌を守る大切な細菌の一種ということです。

それでは、アクネ菌がお肌を守るとはどういうことでしょうか?

お肌がきれいな人の肌にも、ニキビ肌の人にも等しく居る常在菌のアクネ菌はお肌を守りも荒らしもするのです。では、アクネ菌が居るにもかかわらず、お肌がきれいな人と荒れてしまう人の違いは何なのでしょうか。アクネ菌本来の働きを正しく理解し、きちんとお肌を守ってもらいましょう。

アクネ菌の本来の特徴と働き

それではアクネ菌のお肌への影響を理解するために、まずはアクネ菌の特徴から見てみましょう。

アクネ菌の特徴

アクネ菌には以下のような特徴があります。

  • 皮脂をエサにして活動する
  • 空気・酸素を苦手とする嫌気性である
  • ポルフィリンという代謝産物作る
  • 細菌性リパーゼという酵素を作る

アクネ菌が生成する「ポルフィリン」は通常は無害ですが、紫外線を吸収すると一重項酸素(いちじゅうこうさんそ)という活性酸素を発生させ、皮脂の酸化とや炎症の悪化を引き起こします。また、「細菌性リパーゼ」は脂肪を分解する酵素の1つで、皮脂中にある成分のトリグリセリドを分解し、融和脂肪酸を生み出します。この融和脂肪酸は毛穴の角質を刺激し、角質異常を引き起こしてしまう肌荒れの原因の1つです。また、アクネ菌は皮脂をエサに活動していて、酸素が無い環境下では数が増殖していきます。

このアクネ菌がお肌にどのような影響を与えていくかを確認しましょう。

アクネ菌のお肌に与える良い影響

アクネ菌のお肌に及ぼす良い効果として、「お肌を弱酸性に導く」効果があります。

そもそもヒトのお肌の良い状態はビオレでお馴染みの弱酸性です。アクネ菌はこのいはゆるph(ペーハー)バランスを弱酸性に整えることでお肌のバランスを維持してくれています。バランスが崩れるとお肌がボロボロになってしまうので、お肌の環境維持には大切な菌の一種なのです。アルカリ性の石鹸などでお肌を何度も洗った場合、中性〜弱酸性の良い状態に戻るまでに弱アルカリ性の状態を経過することになります。この弱アルカリ性状態がアクネ菌の異常増殖やブドウ球菌の増殖に繋がり、美容にとって悪い状態を繰り返すことになってしまいます。

アクネ菌のお肌に与える悪い影響

一方で、お肌に与える悪い影響はアクネ菌が「増えすぎた時」に、角質異常を引き起こすことです。

ポルフィリンも細菌性リパーゼによる融和脂肪酸の悪影響も、増えすぎた時に起こる悪影響です。アクネ菌は皮脂を食べ、弱アルカリ性の状態や、無酸素の環境で増えすぎた時にこのお肌への刺激を促し、ニキビを発生・悪化させていきます。

では、アクネ菌と上手く付き合っていくために必要なことは何でしょうか。

アクネ菌を整える方法

アクネ菌は兼酸素性ですので、お肌のターンオーバーがきちんとなされていれば過剰な増殖を予防することが出来ます。また、アクネ菌が及ぼす悪影響は角質への悪影響と皮脂の酸化ということに着目し、ここをきちんと押さえてケアしましょう。ここでは、「石鹸による洗いすぎ」はもっとも注意すべきポイントです。アクネ菌を減らすために殺菌効果の強い市販の洗顔フォームを使いすぎると、皮膚の水分や常在菌をすべてなくしてしまうこととなり、皮膚が防御反応で皮脂を更に出したり、弱アルカリ性の状態でブドウ球菌などが繁殖しやすい状態になってしまいます。分泌されすぎた角質は毛穴の詰まりを起こし、洗顔でも毛穴の中がきちんと洗浄できないようになってしまうと、アクネ菌が異常増殖を繰り返し、にきびになってしまいます。

優しく皮脂や汚れを落としつつ、お肌を守るためには”ファーストクラッシュ”を用いるとよいでしょう。また、例えファーストクラッシュがお肌に優しくとも、洗顔フォームでの洗顔は1日1回優しく洗う程度で十分です。またお肌の脂肪の酸化や活性酸素の発生を防ぐためには”VC-200ローション”の進化型ビタミンCは効果的です。お肌を優しく守る洗顔を行いつつ、行き過ぎた酸化をしっかり防ぐことが何より大切なので、意識してみてください(*′艸`)

アクネ菌による炎症をなるべく早く抑える方法

アクネ菌が異常に繁殖してしまって、真っ赤になってしまった時には、ビタミンC誘導体の”VC-200ローション”でビタミンパックをしてみてください。お肌の角質の以上と酸化した脂肪や酸素の刺激で炎症を起こしてしまっている状態なので、しっかりと水分でお肌を柔らかくし、酸化を抑えるビタミンを補給してあげることが必要です。

また、真っ赤なニキビには過剰な洗顔が命取りです。皮脂不足が過剰な皮脂の分泌を生む悪循環となり、ニキビが一気に広がってしまします。泡立てないゲル洗顔の”ファーストクラッシュ”と、お肌の奥の細胞までしっかり届くビタミンC誘導体を用いましょう。ビタミンC誘導体の中でも評判なのは”VC-200ローション”です。ビタミンC誘導体使用後は、きちんと保湿を行って水分が逃げないようにして下さいね。

人気関連エントリー【【驚愕】ニキビケアの最終兵器ビタミンC誘導体→使い方コツ】

この記事に関するニキビ対策の強い味方

アクネ菌によるニキビの対策は、アクネ菌が過剰に増殖しない環境づくりと、酸化を抑える2つの方法があります。

まず1つが、余分な皮脂の分泌を抑える為に、洗顔による刺激を抑え、過剰な洗浄を行わないことです。洗顔による刺激を抑えるためには泡立てないゲル洗顔の”ファーストクラッシュ”の利用が効果的です。このファーストクラッシュを使ったとしても、洗顔は1日1回で十分です。強い殺菌洗顔フォームで何度も洗っているとすれば、お肌にいる常在菌が以上に繁殖してしまう結果になってしまいます。

もう1つが、毛穴にたまっている脂肪の酸化を防ぐことです。そのために”VC-200ローション”でしっかりとビタミンCを細胞に届けていきましょう。通常のビタミンCパックやローションだとビタミンCがお肌に届かないままくずれてしまい、効果が薄いことがビタミンCの弱点でした。そこを改良し、お肌にバッチリ届くようになったのがビタミンC誘導体の”VC-200ローション”です。従来のビタミンC誘導体に比べて200倍の効果を実現したというほど、高い美容効果を誇っています。更にビタミンEも含んでいるため、ビタミンCとビタミンEの相乗効果も備え、利用者の評判が高いです。お肌に余分な刺激を与える着色料や添加物、オイルフリーなのもニキビ予防と対策にうれしいですね。

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュ・公式情報をチラ見↓
≪超簡単ニキビケア≫を今すぐ体感!トライアルセットが初回限定特別価格

管理人魔女の商品レビューをチラ見↓
【ファーストクラッシュ・レビュー】

VC200ローション

VC200ローション・公式情報をチラ見↓
大人ニキビ専用処方の【VCスターターセット】

管理人魔女のの商品レビューをチラ見↓
【VC-200ローション・レビュー】

***
アクネ菌は誰のお肌にでも存在しているのに、なぜニキビになってしまう人とならない人がいるのかは不思議ですね。
それはアクネ菌が暴れてしまう環境を作ってしまっているからでした。
共存してお互いに良い影響を与え合う環境を整えられれば、アクネ菌も美容に活きてくるのです。
***

 - ニキビの原因, 出来てしまったニキビの対策, 厳選項目