ニキビ改善プロジェクト公式【原因・予防法・治す方法の調査サイト】

黒ニキビの芯の原因と治し方とは・・・!?

      2015/11/10

ニキビで悩んでいる方は沢山いると思いますが、一言でニキビと言っても、色々な種類があります。
今回は黒ニキビについて、ご紹介していきたいと思います。


【目次】
➊黒ニキビとは
➋黒ニキビができる原因
➌黒ニキビの芯
➍黒ニキビが出来やすい場所
➎黒ニキビ潰した方がいいの?
➏黒ニキビになる前に
➐黒ニキビの治し方、効果的な塗り薬
➑ニキビと上手に付き合う方法
➒まとめ
関連商品


黒ニキビとは?

 
ニキビでも色々な種類があります。
黒ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂やアカなどが酸化(サビること。酸化反応。紫外線、炎症反応により活性酸素が発生すると肌機能が低下する)して黒く固まり、毛穴の出入り口の部分が黒く見える状態です。
いわゆる「毛穴の汚れ」と呼ばれている黒いブツブツのものも黒ニキビの仲間です。
白ニキビから悪化した段階ともいえます。

黒ニキビができる原因

ニキビができる共通の原因をご紹介します。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランス=女性ホルモン
女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロゲステロン(黄体ホルモン)という二種類のホルモンがあり、このホルモンバランスが乱れてしまうことにより、皮脂分泌機能が正常に機能しなくなり、皮脂膜(肌を守る脂の膜)が無くなるため、乾燥してしまい肌トラブルを招く。

皮フの機能低下

皮膚の機能=バリア機能(皮脂膜、水、細胞間脂質からなる、皮膚を守る機能)。
この機能低下により、外界からの刺激から肌を守ることができなくなり、乾燥や、バイ菌などが侵入しやすくなる。

細菌の繁殖

常駐菌であるアクネ菌が、角栓によって塞がれた毛穴に入り込み、増殖しニキビの原因となる。

生活習慣、環境

睡眠不足や、脂っこい食事やスナック菓子などの食べ過ぎ、便秘や喫煙、メイクの落とし忘れやスマホの汚れの付着、飲酒、紫外線、運動不足など様々な悪い習慣や環境がニキビの原因となる。

ストレス

日々のストレス(引越し・転職・仕事・恋愛・ニキビが治らないなど)によって、男性ホルモンが多く分泌され、脂性肌になり、ニキビができやすくなります。

これらは互いに関連しており、どれか一つという事ではなく複合要因であることがニキビ治療の難しさの理由となっています。

黒ニキビの芯

白ニキビから面皰(コメド)(角栓)に角質や皮脂、アクネ菌がたまると毛穴に収まりきらなくなったものがどんどん押し広げて顔をだします。
すると、はみ出た部分が酸化し黒ニキビの芯となります。

黒ニキビができやすい場所

基本的に皮脂分泌量の多い場所にできやすく、顔、背中、胸、首、腕、肩などが主です。
顔の中でも、鼻の先などにいくつも集まってできていることもあります。
先端が黒いので、かなり目立ちます(イチゴ肌)。
炎症が起きないうちは痛みはありませんが、細菌(アクネ菌)が好物としている皮脂によって、増殖してしまうと、赤みと炎症を起こしてしまいます。
この状態が赤ニキビと呼ばれています。

黒ニキビ潰した方がいいの?

最も注意が必要な行為は、ニキビを指や爪で潰す事です。
心理的に、「早く潰してなくしてしまいたい」という思いからの行為でしょうが、皮膚の組織を傷つけたり、細菌による炎症を引き起こしたりと、傷跡が残る行為なので絶対にやめましょう。また、ファンデーションの厚塗りや、過度の洗顔なども避けたい行為です。
厚塗りは、ニキビを刺激して悪化を招いてしまったり、ファンデーションの残りかすが毛穴に詰まってしまい、ニキビを隠すためもメイクが逆にニキビを作り出してしまうという事態となることも少なくありません。
更に、適度な洗顔とスキンケアは、ニキビの治療や予防に有効ですが、一日に何度も洗顔すると、かえって皮膚に刺激を与えすぎて症状を悪化させていることもありますし、必要な皮脂まで落としてしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があります。

黒ニキビになる前に

上記の説明であったように、黒ニキビは白ニキビが進化し、悪化したものなので、まずは白ニキビを発生させないようなケアが必要となります。
黒ニキビになってしまった後に治すのは容易ではないので、なるべくその前に防ぎましょう。

基本の「洗顔・スキンケア」

誰もがしている事だと思いますが、正しい洗顔方法、スキンケア使用方法でなければ意味がありませんので注意です。
まず皮脂を取り除こうと、ごしごし洗顔してしまったり、無理やり押しだすニキビ用の洗顔料毛穴パックで取るなどは正しくありません。
これらは逆に皮脂が大量に分泌したり、肌を傷つけ慢性化する恐れがあります。
ニキビ用の洗顔料は良いと思いがちですが、必要な皮脂や角質なども取ってしまうものが多いので、肌の水分量が失われてしまいます。
毛穴パックはその瞬間だけきれいになっても、毛穴が大きく開いたままになり、そこに皮脂がたまってニキビを繰り返すだけです。
images

気になっても触らない、潰さない、洗いすぎないがポイントです。

洗顔する本当の理由をご存じでしょうか?肌に付着した汚れを落とし、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を邪魔しないための物です。
なのでそんなに洗いすぎても肌を傷つけるだけで、意味がないのです。
重要なのは、ターンオーバーを正常に働かせることです。
洗顔は、綺麗な肌へ生まれ変わる準備という事になります。
では、ターンオーバーはどのようにしたら正常に働くのか?ここでスキンケアの使用方法が重要になってきます。
皮脂の分泌が激しいからといって、さっぱりとしたテクスチャー(付け心地)の物を選びがちですが、それが良いとは限りません。
ターンオーバーには、十分な保湿が必要です。
肌の奥までしっかり届く、ビタミンC誘導体配合の保湿化粧水を使用するのが効果的です。
一度塗布して、肌にツッパリ感を感じるようでしたら、重ね付けや、使用している物を見直していきましょう。
もちろん、使用する物だけではなく、十分な睡眠、適度な運動なども心がけ、内側からのケアもしっかりとしていきましょう。

黒ニキビの治し方、効果的な塗り薬

洗顔、スキンケアをおろそかにしてしまったり、自分なりのケアをしていても、どうしてもできてしまう事もあると思います。
そんな時に効果的な薬をいくつか紹介します。

クレアラシル(クリーム)
誰もが一度は耳にした事があると思います。
ビタミンE、硫黄配合で殺菌作用があります。
皮脂吸収、はれ、赤みを抑える。
厚塗りはしないで、薄くのばすように塗るのがポイント。

ディフェリン(ゲル)
ピーリング作用があり、分厚い角質を取り除くことで、皮脂の詰まりを無くす。
細菌撃退。
肌の代謝アップ、ニキビを根本から治す
使用中、紫外線から肌を守る、朝洗顔、保湿を欠かさない。

テラコートリル
短期間で治せるが、刺激は強い。(ステロイド配合)
抗炎症作用
強い薬なので毎日塗らず、塗らない日も作る。

薬以外で、自分の手でニキビの芯を出すのはやってはいけない事ですが、皮膚科で面皰圧出(丸い穴のあいた器具をニキビに押しつけ芯を出す。)を行い、ニキビの出来にくい肌質を取り戻す事も最善です。
更に悪化して赤く炎症を起こしてしまうと後が残ってしまう可能性があるので、黒ニキビのうちに正しい治療をし、きっちり完治させましょう。

ニキビと上手に付き合う方法

ニキビが出来てしまうと、外に出てもなんだか気になってしまい、憂鬱な気分になりますよね。
ここからは、できてしまったニキビを急遽隠せるメイク方法などをご紹介します。
全てのニキビに共通するのが、コンシーラーです。
ファンデーションを重ねる方法は、全体的に厚くなり、部分的につけても、その部分だけ色が変わったり、どうしても厚塗り感がでてしまいがちです。
images

リキッドファンデーションの場合
ファンデーションを塗った後に、指でポンポンとなじませる。
パウダーファンデーションの場合
ファンデーションを付ける前に、気になる所にポンポンとたたくように薄く重ねます。

付属のブラシなどで直接付けると、厚塗り感がでてしまうので、必ず指になじませて下さい。


赤ニキビの場合は、ファンデーションを付ける前に、グリーン系のコントロールカラーを同じようになじませると、コンシーラーを使わなくても赤みがほぼ消えます。

一般的なコンシーラーでも良いですが、パウダーのコンシーラーはより自然に隠すことができるので、そちらもお勧めです。
コンシーラーにあまりなれていない方は、パウダータイプを使うのも良い方法です。
使用方法は小さいブラシで薄く重ねていきます。
アイメイク、チーク、リップに目線を向けさせる方法も◎。
普段はブラウン系、ベージュ系しか使わないなど、決まった色から少し離れて、これを機に思いっきりメイクを楽しむのも良いです。
明るめの色を使えば、気分も自然と明るくなります。
似合うカラーもどんどん発見できて、新たな自分にウキウキしちゃいます。
もちろんニキビが悪化しないように、その日のメイクはその日のうちにしっかりと落としましょう。

まとめ


私は、化粧品会社に勤めていました。
お客様のなかでも約7割は、ニキビで悩んでいる方でした。
隠す方法を知りたがるお客様が多数でしたが、まずは作らない事が大事です。
上記の説明で、ニキビができるさまざまな原因がありましたが、まずは自分にできることから少しずつ改善していきましょう。
全部一気に改善しようとしても、それぞれのライフスタイルがあるので難しいと思いますし、逆にストレスになってしまいます。
無理なく、できることを継続していく事が大事です。
私はお酒が大好きで、夜更かしも日常でした。
今だから言える事ですが・・・
ただ、それをすることによって、ストレスは軽減されますので、さほど肌荒れも気になりませんでした。
もちろん、普段のお手入れは欠かさずしていました。
帰宅したら、必ずメイクを落とし、スキンケアを怠ることはありませんでした。
このように、無理なく自分にあった治療法を見つけましょう。

関連商品

MELLINE(メルライン)
顎ニキビ(あごにきび)・フェイスラインニキビ/Uゾーンニキビ専用に作られたニキビ用集中ケアジェル


【関連記事】
▷▷▷【MELLINE(メルライン)なら繰り返すあごニキビ(アゴにきび)・フェイスラインニキビ/Uゾーンニキビに効果的!】

絹美人
肌環境を整えて内側からきれいな肌へ導く最適な効果


【関連記事】
▷▷▷【大人ニキビの改善は『絹美人 キレイアップラボ』で内側から極絹肌美人へ】

 - ニキビの予防, ニキビの原因, ニキビ発生箇所と原因, 出来てしまったニキビの対策, 大人ニキビ, 思春期ニキビ, 黒ニキビ , , , , , , , , ,