ニキビ改善プロジェクト公式【原因・予防法・治す方法の調査サイト】

思春期ニキビとは・・・!?原因・治し方など徹底解析!!

   

「思春期ニキビ」という言葉は、一度は耳にしたことがあるかと思います。
ニキビにも色々種類があるのですが、今回は思春期ニキビに関してご紹介していきたいと思います。


【目次】
➊思春期ニキビとは
・思春期ニキビの発生箇所と特徴
➋男性ホルモンと思春期ニキビの関係とは
・男性ホルモン(テストステロン/アストロゲン)とは
➌その他の要因
➍思春期ニキビの対処法(治し方)&予防法
・皮脂の分泌を抑える
・ストレスを溜めない
➏まとめ
➐関連商品


思春期ニキビとは

そもそもニキビのできる原因がなんだかご存知でしょうか?
ニキビの原因の一番の原因は、「毛穴の詰まり」にあります。

毛穴の詰まりの原因としてあげられる要因は、大きく分けると3つになります。

・皮脂の過剰分泌
ターンオーバーの乱れ
・ホコリや、汚れ等の洗い流し

今回注目している思春期ニキビに関して言えば、「皮脂」が、最も需要なポイントになっています。
この皮脂の分泌が非常に活発になる時期には個人差がありますが、大体13歳~18歳くらいの第二次成長期になります。

思春期ニキビの発生箇所と特徴

思春期ニキビができやすい箇所は、主にTゾーンになります。
額(おでこ)から鼻筋に関しては、他の部位に比べ、皮脂の分泌が多く見られます。
Tゾーンの毛穴の数は、顔の他の部位に比べて約7倍もあるそうです。

※他の部位(顔・背中・腕など)でも、脂性の方ですとできる可能性はあります。

もう一つ思春期ニキビの特徴としてあげられるのは、赤ニキビになりやすいということです。
 
思春期ニキビができる原因や、赤ニキビまで悪化してしまう原因も、どちらも皮脂の過剰分泌が一番の要因になります。

▷▷▷【赤ニキビを徹底解析!即効で治す方法は・・・!?】

では何故、皮脂が過剰分泌してしまうとニキビができてしまうのでしょうか?

男性ホルモンと思春期ニキビの関係とは

そもそも皮脂の分泌に関係してくるのが、男性ホルモン(テストステロン/アストロゲン)になります。

第二次成長期では、男性ホルモンの分泌量が多くなるのですが、この男性ホルモンは、皮脂腺を発達させ、皮脂の分泌を亢進する働きがあることと、角質が厚くなり毛穴が狭くなる働きがあります。
皮脂の分泌量が増えれば、毛穴からの排出が追いつかなくなり、残ってしまった皮脂や、古くなった角質、ホコリなどと混ざり、毛穴は目詰まりを起こし、狭くなった毛穴は塞がれてしまいます。
さらにその毛穴の中には、皮脂を栄養源にしているアクネ菌の繁殖を招き、ニキビができやすくなります。

▷▷▷【アクネ菌とは?原因・性質・特徴について】

男性ホルモン(テストステロン/アストロゲン)とは

男性ホルモンは、男女共に分泌されます。

【男性】
睾丸(精巣):テストステロン
副腎皮質:アストロゲン

【女性】
卵巣:テストステロン
副腎皮質:アストロゲン

上記の部位で、作られています。
思春期にニキビができやすくなるのは、このホルモンのバランスが崩れるからだとされています。

その他の要因

思春期ニキビの原因として、男性ホルモン以外の要因としては、「ストレス」になります。
学生生活での集団行動などの中で、どうしても溜まってしまうストレスってありますよね?
このストレスにより分泌されるノルアドレナリンは、男性ホルモンと同様で、皮脂の分泌を活発にする働きがあります。
さらにはストレスにより、男性ホルモンも多く発生してしまうので、成長期の男性で、ストレスを感じやすい方は要注意です。

では、思春期ニキビにはどういった対処法(治し方)や、予防法があるのでしょうか?

思春期ニキビの対処法(治し方)&予防法

男性ホルモンを正常に保つことが一番良いのですが、成長するにあたって必要なホルモンでもあるため、無理に止めることは良くありませんし、そもそも、根本的な改善策や対処法はありません。
そこで注目すべきは、2つのポイントです。
images

 ・皮脂の分泌を抑える
      ・ストレスを溜めない

これだけ解決できれば、思春期ニキビも怖くありません。
では項目ごとに説明していきます。

皮脂の分泌を抑える

【洗顔編】
皮脂を抑える目的で絶対にやってはいけないことがあります。
それは、洗顔のし過ぎです。
洗顔をして、清潔に保ち、余分な皮脂を洗い流すことはとても良いことですが、皮脂にもきちんとした役割があるのです。
肌を守るために皮脂が必要なので、洗い流しすぎてしまうと、肌を守るためにもっと皮脂を分泌しなくては・・・と過剰分泌につながってしまうのです。

ここでポイントなのが、選ぶ洗顔料水の温度です。
images


・洗顔料:弱アルカリ性の洗顔料
・水の温度:20~30℃前後(乾燥肌・敏感肌)
      30℃前後(それ以外の肌)

水の温度に関しては、皮脂が高温ですと、溶けやすい性質を持っているので、使用する水が熱すぎる(40℃前後)と、必要以上に皮脂を流してしまいます。
逆に冷たすぎる水は、毛穴が締まってしまうので、汚れを落とせなくなってしまうのでご注意ください。

女性の方は、お化粧を落とすのに、オイルクレンジングを使用している方も多くいるのではないでしょうか?
そちらもオイリー肌なのであれば、他のものに変えて頂くだけでも効果はあると思います。
▷▷▷【ニキビ洗顔料使い方|まとめ】


【保湿編】
洗顔の後は、必ず保湿を行ってください。
思春期の男性は、あまりされない方が多いのではないでしょうか?
先ほどもお話しましたが、皮脂はお肌を守るためにあるのですが、洗顔後は、多少なりとも乾燥してしまいます。
そのためしっかりと保湿をして、これ以上皮脂が分泌されないようにしなくてはなりません。
▷▷▷【にきび・肌荒れは保湿で改善せよ】

【食事編】
成長期では、ついつい脂っこい食事や、ファーストフードなどを好む傾向にありますが、必要以上に体に摂取した脂は、外に出そうとして皮脂の分泌が過剰に繋がります。

そのためストレスが溜らない程度で、抑制し、バランスのいい食事を心がける事が重要です。


ストレスを溜めない

ストレスの発散方法は、個人差があると思いますが、一般的によく言われているのが、良質な睡眠と半身浴、軽めの運動です。

これを、「3R」と呼びます。
images


・Rest(休息):規則的な睡眠
・Relaxation(リラクゼーション):適度な運動
・Recreation(レクリエーション):趣味の時間を持つ

詳しくはコチラをお読みください。

まとめ

思春期ニキビで、折角の青春時代を謳歌できないのは、勿体無いですよね。
遊びも恋も素敵な笑顔で楽しみたいですね。
その為にも、日々の生活習慣の見直しや、少しの努力を惜しまず、頑張っていきましょう。

関連商品

どんなにケアをしても効果が得られなかった方はコチラも参考にしてみてください。

MELLINE(メルライン)
顎ニキビ(あごにきび)・フェイスラインニキビ/Uゾーンニキビ専用に作られたニキビ用集中ケアジェル


【関連記事】
▷▷▷【MELLINE(メルライン)なら繰り返すあごニキビ(アゴにきび)・フェイスラインニキビ/Uゾーンニキビに効果的!】

ファーストクラッシュ
洗顔しつつお肌に保湿+美容効果のある、泡立てないジェル保湿タイプの洗顔料です。


【関連記事】
▷▷▷【まとめ|冬の乾燥肌・かゆみ・ニキビの悩み改善方法】

 - ニキビの予防, ニキビの原因, ニキビ発生箇所と原因, 出来てしまったニキビの対策, 思春期ニキビ , , , , , ,