ニキビ改善プロジェクト公式【原因・予防法・治す方法の調査サイト】

まとめ|1日でニキビを治す!ニキビ速攻改善方法

      2015/07/17

1日でニキビを治せるか!?
ニキビ改善の最速チャレンジ

ニキビのお悩み相談 なる早でニキビを治したいですか?

「明日は大事な日、なのに顔のニキビが気になって自信が持てない!(泣)」

こんな時の対処法として、寝て起きたらニキビが治まっているような魔法の速攻術があれば嬉しいですよね。
ネットで効果があったと口コミのあった情報をもとに、ニキビを速攻でおさめるための手順を紹介します。


【目次】
最速!1日でニキビを治す為の5つのステップ
1.まずはとにかく、メイクを落とし清潔な状態に
2.何度も何度もたっぷり保湿
3.テラコートリル軟膏を塗る
4.ニキビの治りを良くする栄養をサプリで補給
5.そして・・早く寝る
関連記事


最速!1日でニキビを治す為の5つのステップ

以下にまとめる一日でニキビ治すための魔法のテクニックを試してみてください。
普段のお肌・健康状態にも大きく影響された結果出てくるものなので、完璧には治らないまでもかなりの効果を発揮するはずです。

1.まずはとにかく、メイクを落とし清潔な状態に

化粧落とし
まず顔に付いているニキビの治りを阻害する要因を取り除くことから始めます。

意外に盲点になりやすいのが、
ファンデーションのパフやメイクブラシです。
毎日肌に触れるものですから、パフやブラシには皮脂が付着し、そこからニキビへ雑菌が侵入する元となります。パフやブラシは、つねに清潔に保つことが大切です。

引用元-メイクする際のパフなども常に清潔に保つこと

2.何度も何度もたっぷり保湿

ニキビの出来やすいお肌にとって、保湿はとても重要です。お肌が脂っぽいからといって肌を乾燥させているというケースも耳にしますが、実は逆効果です。人間の体の70%が水分だというように、水分は命の源であり、お肌にとっても大切です。その水分が逃げないように、お肌を乾燥から守るために存在しているのが皮脂です。つまり、脂っぽいからといって油を取り除き、水分も与えず乾燥させるということは身体の防衛機能が働き余計に皮脂を分泌することにつながってしまいます。

特に赤色の炎症を起こしたニキビは、保湿をたっぷりたっぷりたーっぷり行うだけで、ある程度赤みが収まる場合も多いです。

オススメなのはハトムギ化粧水などの低価格でもたっぷりと量が入っている化粧水を、タップリと何度もパッティングしてお肌がもちもちするまで水分を補給する方法です。

私の友人の美肌で憧れているメイクアップアーティストも、
「化粧水は質もそれなりに大事だけれど、どちらかと言うと量を入れるほうがいいのよ」

と教えてくれました。
コットンでタップリと、優しくタタタタタタッー(゚∀゚)━ン!美容の源・水分をお肌に何度も何度もたっぷり補給しましょう。

引用-決定版!にきび改善プロジェクト

3.テラコートリル軟膏を塗る

テラ・コートリル軟膏
画像出典-ジョンソン・アンド・ジョンソン

薬局でも売っているテラ・コートリル軟膏を塗り、絆創膏でカバーします。
ただし、ステロイド系の薬品なので人によっては逆効果になる可能性があります。お医者さんにステロイド系がNGと言われている方は絶対に行わないように注意して下さい。

色んな口コミを見て本当に効くのかと思いつつもドラッグストアで購入。
夜、スキンケア後に綿棒で化膿ニキビの上にたっぷり塗り、その上から絆創膏を貼り就寝。次の日にはびっくり!炎症が治まってるじゃないですか!!
まだニキビはあるのですが、しばらく様子を見ようと思います。

引用-@cosme ジョンソン・エンド・ジョンソン(医薬品) テラ・コートリル軟膏(医薬品)

4.ニキビの治りを良くする栄養をサプリで補給

ビタミンとニキビの画像01

ニキビをなるべく早く治すために積極的に摂取すると良いビタミンは以下です。

  • ビタミンC
  • ビタミンB2(リボフラビン)
  • ビタミンB6(ピリドキシン)
  • ビタミンE
  • ナイアシン(ニコチン酸アミド)
  • ビオチン
  • βカロテン・ビタミンA

引用-にきび改善プロジェクト にきび予防と改善に良いビタミン|この副作用に注意
各ビタミンの効果を確認していきましょう。

ビタミンC

ビタミンCは水溶性のビタミンでキレイな肌を維持するためには必要不可欠な栄養素です。ビタミンCは抗酸化作用を持ち、体のサビと言われる活性酸化の発生を抑制します。この酸化を防ぐ作用は老化予防になるとも言われています。

ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2は、人間の成長に必要な水溶性ビタミンです。別名リボフラビンともいいます。ビタミンB2の大きな特徴として「補酵素の作用」があり、身体の成長や細胞・粘膜の再生や修復、保護など体を作る働きに重要な役割を担います。

ビタミンB6(ピリドキシン)

発見されたきっかけとなる皮膚炎の予防効果から分かるように、ニキビの赤み(炎症)を抑えたりするなどニキビ予防と対策にはとても大切なビタミンです。

ビタミンB3(ナイアシン・ニコチン酸アミド)

タバコの毒素もニコチンというので悪いイメージが有るかもしれませんが、ここでは関係ありませんので安心して摂取して下さい。ナイアシンは「糖質や脂質、たんぱく質の代謝に必須となるビタミンで、循環系、消化系、神経系の働きを維持」します。

ビタミンE

ビタミンCと同じ「く抗酸化作用を持つ美容ビタミンで、老化予防」にもなると言われています。また、コレステロールの参加を防ぐため、血管の健康を維持したり、前立腺がんや胃がんの予防効果を示唆するデータも出ているようです。ビタミンEはビタミンCと違い脂溶性なので、血液に流れるよりも細胞にとどまり効果を発揮します。過剰摂取には注意して下さい。

ビオチン

効果は「皮膚炎・アトピーを予防する」と言われています。ビタミンB6に近いですね。コラーゲンの生成にも作用しているので、美容にとって強い味方です。

ビタミンA(βカロテン)

ビタミンAは「目に良い」ということで有名かもしれません。他にもビタミンAは「皮膚や粘膜を守って健康を維持する」働きがある「※脂溶性ビタミン」です。具体的には上皮細胞の代謝を活発にして、免疫機能を高める作用があるため、ニキビ治療にも効果的です。過剰摂取には注意して下さい。

引用-にきび改善プロジェクト にきび予防と改善に良いビタミン|この副作用に注意

5.そして・・早く寝る

ライフスタイルとニキビ02
お肌は寝ている間に生まれ変わります。明日のお肌は今日の睡眠が大きく影響するので、とにかく頑張ってでも早く・出来るだけ長く寝ましょう!
ただし、寝ている間の乾燥はNG、出来れば加湿器を置いて、顔の乾燥を防げばベスト。

関連記事

・まとめ|冬の乾燥肌・かゆみ・ニキビの悩み改善方法

・ニキビ改善にコラーゲン| 食事でニキビ改善

・ニキビを改善するビタミンC誘導体|チャンスは洗顔後にやってくる

・ニキビを改善する洗顔|ブラシで「生泡」洗顔って何?

・ニキビ改善に効くサプリ|サプリメントを始めよう

・「ほっぺ・頬」ニキビの原因&改善策

 - 出来てしまったニキビの対策, 厳選項目