ニキビ改善プロジェクト公式【原因・予防法・治す方法の調査サイト】

にきび・肌荒れを改善する睡眠方法

      2015/07/21

ニキビに効果的な睡眠方法が違うかも
ニキビ予防と対策のかなめ


目次
1.ニキビに効く、効果的な睡眠方法は、長さ深さ!?
1-1.睡眠が与えるニキビ・肌荒れへの良い影響
1-2.夜更かし、睡眠不足はこんなに悪い!
1-3.心と身体のストレスが与えるお肌へのダメージ
2.お肌にとって効果的な睡眠を理解しよう
2-1.ニキビに効く!ニキビを治す睡眠方法
2-2.深く寝るたには準備が大切
2-3.ニキビに効果的!ニキビを治す睡眠へ導くために
2-4.うっすら間接照明がグッド。音は遮断して深い眠りへ
2-5.寝る前のストレッチで深い眠りへ
2-6.好みのアロマで深い眠りへ
3.ニキビに悪い!眠りが浅くなる、寝る前に避けたいこと
3-1.眠る前のアルコールはお肌に悪い
3-2.寝る前の光刺激はお肌に悪い
3-3.寝る前の入浴はお肌に悪い
3-4.寝る前の食事はお肌に悪い
4.寝る前のニキビケアは、身体に水分・お肌にビタミン
4-1.水を飲んでから寝よう
4-2.ビタミンCをお肌にたっぷり補給
★この記事に関するニキビ対策の強い味方


ニキビ・肌荒れに効果的な睡眠方法は、長さより深さ!?

ニキビに効く睡眠方法ニキビを治すために整えるべき生活の基本は、「清潔さ」と「栄養バランス」、そして「夜の睡眠」です。

睡眠中に身体から老廃物が排出され、お肌を始めとして身体中の細胞が再生していきます。
睡眠は荒れてしまったお肌の再生にとても大切なのです。眠ることはニキビ予防にも対策にもいいのは間違いないですが、あなたは正しい睡眠をとれていますか?

ゴールデンタイムに寝ることが良いとよく言われていますが、実は長く寝たり、早く寝たりすることに加えて、「眠りはじめたときの睡眠の深さ」がお肌の再生に大きな影響を与えると言われています。

睡眠が与えるニキビ・肌荒れへの良い影響

睡眠がニキビに与える影響を詳しく見てみましょう。睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2つの状態があります。私達が眠っている間、このレム睡眠とノンレム睡眠を一定時間ごとに繰り返していきます。

このうち、肌のターンオーバーが行われやすいのはノンレム睡眠の状態です。ニキビを治すにはこのノンレム睡眠をしっかり取ることが大切です。睡眠は心のストレスを軽減させたり、ホルモンバランスを整えてお肌をきれいしたりなどの効果があります。

夜更かし、睡眠不足はこんなに悪い!

それでは逆に、夜更かしなどで睡眠不足になるとニキビにどのような影響をあたえるのでしょうか。睡眠の大切さを深く理解するためにも、睡眠不足が引き起こすお肌への悪い影響をみてみましょう。

心と身体のストレスが与えるお肌へのダメージ

睡眠不足になるとターンオーバーが乱れてしまい正しいお肌のサイクルが崩れてしまいます。睡眠不足でストレスが貯まることによって、男性ホルモンが多く分泌されてしまいます。すると、皮脂の分泌量が増加し、角質が厚く硬くなりがちになり、毛穴が詰まっていきます。詰まった毛穴の中で余分な皮脂が酸化を起こしてしまうことで、アクネ菌がの以上発生や炎症を引き起こし、ニキビを引き起こしてしまいます。

また、睡眠不足で抵抗力がおちてしまうと免疫機能が低下し、炎症が更に悪化し、赤ニキビや黄ニキビといったデコボコ肌につながってしまうような深刻な状態を引き起こします。

お肌にとって効果的な睡眠を理解しよう

sleep01
簡単に言うと、睡眠不足はお肌にとって悪いことばかり!

まず質の高い睡眠をとること。それが何よりも大事です。それでは、ニキビ予防と対策の観点から、ニキビに効果的な睡眠とはどのようなものなのでしょうか。お肌にとってベストな睡眠で再生力の高い強いお肌を手に入れましょう。

ニキビに効く!ニキビを治す睡眠方法

お肌にとって睡眠のゴールデンタイムは夜10時から深夜2時の間とよく言われます。だから早く寝て、長く寝ることも確かに効果的かもしれません。しかしここで、見落とされがちなのが、「眠りはじめの睡眠の深さ」です。

実は、入眠から3〜4時間がお肌のターンオーバーが最も活性化すると言われています。

深く寝るためには準備が大切

眠り始めたタイミングでどこまで深く眠れるかを考えると、心も身体も落ち着かせた状態で環境を整えてから眠りにつく必要があります。皆さんは何がお肌を回復させる深い睡眠を作ることができ、逆に何が睡眠を邪魔してしまうのかを知っていますか?

それでは、睡眠に関係する生活習慣には何があるのかを見て行きましょう。

ニキビに効果的!ニキビを治す睡眠へ導くために

まず入眠後のタイミングを深い眠りに誘うために整えると、睡眠にとって良いことからご紹介します。深い睡眠導入のためのポイントは3つです。

  1. 環境
  2. 体の状態
  3. 心の状態

うっすら間接照明がグッド。音は遮断して深い眠りへ

moodylight
「お部屋の明るさ」は、が真っ暗な状態よりも、少しだけ光をつけた薄暗い状態のほうが眠る状態としては適していると言われています。真っ暗な状態だと瞳孔が開ききってしまうからと言われています。薄明かりのムーディな間接照明がベストですね。

一方で「音」は全く無い方が良いです。つまり、テレビを付けて寝るのは眠りを浅くしてしまします。間接照明を灯して、静かなお部屋環境を意識してみましょう。

寝る前のストレッチで深い眠りへ

stretch01
睡眠前のストレッチが身体の血流を促し、お肌に栄養と酸素がいきわたらせます。また、血流の改善で新陳代謝が向上し、お肌のターンオーバーが安定します。眠る前に5分〜10分程度でいいので、ストレッチをしてみてはいかがでしょうか。

好みのアロマで深い眠りへ

sleep02
あなたの好きなお香やアロマの香りが心のストレスを軽減します。嗅覚は脳にダイレクトにリラックス効果を与えることができます。お香やアロマミストなど、あなた好みの香りでお部屋を満たし、気持ち良い状態で眠りにつきましょう。

ニキビに悪い!眠りが浅くなる、寝る前に避けたいこと

それでは逆に、眠りにつく前に行うことで、寝つきにくくなったり、眠りを浅くするような行動を見てみましょう。あなたの普段の生活と照らしあわせて、ニキビを治すサイクルを邪魔する生活習慣から抜け出してください。

眠る前のアルコールはお肌に悪い

alchohol
お酒を飲むと気持ちよくなって眠たくなるから眠るにはいいのでは?と、思う方もいらっしゃるかもしれません。確かにお酒で眠たくなることもありますが、眠りの深さには悪い影響を与えます。深く眠るためには眠り酒は控えましょう。

寝る前の光刺激はお肌に悪い

badlight
眠る前にパソコンや携帯電話をさわったり、テレビを見る。もしくは、コンビニへちょっと出かけたりしていませんか?

眠る前に強い光を受けると交感神経が働き、身体を眠る状態から遠ざけてしまいます。人間は本来夜行性物ではないので、眠るときは暗いほうがいいということなのでしょうか。ニキビケアのためには寝る前はできるだけ眩しい光から遠ざかり、目を休めて深い睡眠を目指しましょう。

寝る前の入浴はお肌に悪い

bathing
寝る直前に入浴をすると睡眠を浅くしてしまいます。体温が上がった状態になってしまい、入眠の体温サイクルが崩れてしまうからです。夜はなるべく早い時間に入りましょう。睡眠の3時間前までには入浴を済ませておくことが理想的です。

寝る前の食事はお肌に悪い

food01
入浴と同じで寝る前の飲食は睡眠を浅くしてしまいます。こちらも理想は睡眠の3時間前までには済ませておくことです。寝る前の食事は体重の方も気になりますから、早めに済ましたいところですね。

寝る前のニキビケアは、身体に水分・お肌にビタミン

良い眠りはお肌の代謝にとって大切です。ここでニキビにお悩みの方が忘れてはならないのが、この睡眠中のお肌の再生効果を最大限まで引き出すこと。折角のお肌の回復を促すのですから、キレイなお肌にむけてお肌細胞さんには頑張ってもらいましょう!

ポイントは水分とビタミンC

特に「硬質のミネラルウォーター」を飲むことと、「VC-200ローション」による皮膚細胞へのビタミン補給を行うようにして下さい。「水とビタミン」が大切な理由を説明します。

水を飲んでから寝よう

身体の老廃物をスムーズに排出するためには十分な水分が必要です。寝る前に水分をとっておくことがニキビ肌の改善にとって大切です。できればお肌には、ヨーロッパのボトルウォーターなど硬水を飲みましょう。硬水はミネラル成分が多く含まれているため、軟水よりも美容に良いとされています。ダイエットに良いとされるのもこのミネラルの多さが理由ですね。

ビタミンCをお肌にたっぷり補給

ビタミンCは水溶性なので、摂りすぎても汗や尿と一緒に体外に排出されていきます。身体の毒素である活性酸素を防ぐビタミンCやビタミンEはしっかりと補給する必要があります。お肌からにじみ出てくる酸化した脂はニキビを生みだす原因となります。

ニキビの予防と対策のためには、お肌にタップリとビタミンCを行き渡らせるのが利用なのですが、ビタミンCは不安定であるという弱点があります。以下の強い味方の項で、不安定さを解消してビタミンCを皮膚細胞へ行き渡らせる方法を説明します。

まず、管理人おすすめのお肌にビタミンCを一気に補給できるVC-200ローションを準備しておくとより効果的です。

この記事に関するニキビ対策の強い味方

ビタミンC摂取2つのコツをご紹介
1.ビタミンEと同時でより強力化
ビタミンCはビタミンEと同時に摂取することで、お互いの抗酸化美容効果が増します。

2.身体の内部と外部から同時補給で強力化
食品やサプリメントによって内部から補給することが内側からの補給です。また、効果的な摂り方として、ビタミンCとEを皮膚表面から細胞へ補充することが美容・抗酸化効果を更に引き出す裏技です。

しかし今まで難点が1つだけありました。

実は、ビタミンCはかなり不安定なビタミンで、皮膚にビタミンCを塗っても浸透する前に大半が壊れてしまい、皮膚細胞に届けることができませんでした。今では技術が進化し、新たに進化型ビタミンCのVC-200が誕生しました。私もニキビケアのコスメNo.2にすすめているほど、今ではニキビケアに必須です。

VC-200ローションはこれまでのビタミンCの弱点であった不安定さを改善し、ほとんどのビタミンCを皮膚細胞に補給することができます。他にも改良されたビタミンは数多くありますが、この進化型ビタミンCのVC-200は、なんと従来の進化型ビタミンCに比べても200倍の効果があると言われています。お風呂の後や、朝一のお肌の抗酸化力アップに積極的に用いてください。

期間限定でこのキャンペーンだけ、他の通販サイトに比べて半額程度の値段で販売しているようです。また、身体の内側からのビタミン補給も女性の身体のことを考えて作られた女性用のマルチビタミンを摂取するようにして下さい。
AFC葉酸サプリメント“は女性の身体を守るために作られた女性用のサプリメントです。将来うまれてくる子供のためにも、サプリメントも安全性で選びましょう。

VC200ローション

■VC200ローション・公式情報をチラ見↓
大人ニキビ専用処方の【VCスターターセット】

■管理人魔女の商品レビューをチラ見↓
【VC-200ローション・レビュー】

AFCの葉酸+ビタミンサプリメント

■AFCサプリ・公式情報をチラ見↓
妊娠を希望する方、妊娠中・授乳中の方にオススメのやさしい葉酸サプリ♪

***
睡眠の長さやタイミングはよく言われていますが、ニキビ予防には実は深さも大切でした。眠り始めのタイミングで行われる肌再生。ビタミンと水分をしっかりとって、きちっとものにし、美肌のサイクルを手に入れましょう。
***

 - ニキビの予防, 厳選項目